Download

→  ダンプリスト入力
→  昔のテープからのゲーム取り出し
→  PasocomMiniで音楽を楽しむ(New!!)
→  ラリーXに音楽をつけるの巻(New!!)
→  ゲーム改造
→  E-mail















Yahoo!ジオシティーズ
→ Home    → Emulator    → AutoStart    → Software    → Download    → Link
 

 

ダウンロードのコーナー

 

1.DunpListEditor

  ダンプリストやBASIC入力を補助するツールです。

  (PC-8001以外にもPC-6001、MZ-80K、MSXにも使用可能)

  Windows上で、サムチェック、修正、cmt/d88ファイル作成まで可能

  cmt/d88/n80/p6t/mzt/t88/dsk/wavファイルの入出力対応

 

2.IORI(内藤様ご提供)

  PC-8001実機で表示可能なキャラクタ文字で

  構成させたパターンエディタです。

 

3.EMI AtrbViewer(内藤様ご提供)

  PC-8001のセミグラフィック画像のアトリビュート属性が

  制限内に収まっているかを表示確認するためのツールです。

  画像入出力から簡易エディト機能まであります。

 

4.t88tool

  各種イメージ(t88, cmt, n80, bas, bin, img, d88)から、

  オートスタート対応イメージ(d88, n80, img, cmt)へ変換するツール

 

5.TSXBIN用マクロファイル(cmtファイル&t88ファイル用)

 

DumpListEditor

 

ver0.31からver0.40にwavファイルを正しく読み込めないバグがありました。最新版をお使い下さい。m(_ _)m

 

OCRで認識したテキストファイルを手修正する時に便利なツールです。 Windows上だけで、サムチェック、修正、cmt/d88/n80/p6t/mzt/t88/rom/dsk/wavファイル作成までできます。

自分は主にWindows上のテキストエディタでプログラムを入力していますので、 エミュ上でチェックサムを計算して、仮想プリンタに印刷してと、行ったり来たりする必要がありました。 このツールで、行ったり来たりすることが無くなりました。

マシン語のチェックサムを修正していく作業自体は手作業ですが、ヒントが画面に表示された状態で修正していくので、 数独パズルをやっているみたいで楽しい作業に変わりました。

 

「ダンプリスト入力」のページにて、使い方の説明をしていますので、まずは、そちらをご覧下さい。

 t88tool.jpg  DumpListEditorの実行画面

こんな感じでヒントを元にチェックサムを合わせていきます。

 

 

おまけで、BASICのグラフィックキャラクタ入力、BASICプログラムの閲覧、Z80アセンブル/逆アセンブル、wavファイルとの相互変換、PCG音楽プレイヤー生成、 cmt/d88/p6t/mzt/t88ファイルの整理や相互変換などもできるようにしてみました。

d88ファイル書き出しには、Dash-80が必要です。グラフィックキャラクタの入力にはN-Fontが必要です。作者のThunderboltさんとモ〜リンさんに感謝です!

 

メニューの詳細などについては、readme_dle.txtをご覧ください。

 

ダウンロード(バージョン番号をクリック)

ver0.41 (2021/4/4)wavファイルを正しく読み込めないバグを修正

★★ver0.31から16bitサンプルを読み込めません。大変申し訳ありません★★

 

ver0.40 (2021/4/1)MSXのCALL文対応。チェックサム4種に対応。形式サンプルに説明文追加。dskの自動設定でCLEAR文を設定するようにした。

ver0.39 (2021/3/26)MSXFANの4文字サム対応、N6XBasicChecker.exeとの連携、テキストセーブで「円/時/百」が化けてしまう問題に対応

ver0.38 (2021/3/21)MSX対応(MSX-Font4種類を同梱)

ver0.36 (2021/2/13)MZ-80KでKM-BASIC、BASICコンパイラに対応

ver0.35 (2021/1/7)PC-6001モードで表示が乱れるのを修正。

ver0.33 (2020/11/14)EMI画像用プレーヤー差分データ対応

ver0.31 (2020/10/3)EMI AtrbViewer出力画像用プレーヤー自動生成

ver0.28 (2020/8/14)ブロック内補正機能対応

ver0.26 (2020/6/21)n80loader機能対応

ver0.24 (2020/4/25)BINファイル併合機能、ピコカキコ変換機能追加

ver0.21 (2020/2/15)マビノギMML変換用ボタン追加

ver0.20 (2020/2/8)PCG8100用3音プレイヤー対応

ver0.18 (2019/12/11)wavファイル入力機能対応

ver0.09 (2019/6/29)MZ-80K対応(MZ-Font同梱)

ver0.07 (2019/6/2)PC-6001対応(p6tファイル入出力のみ)

ver0.05 (2019/4/22)n80ファイル出力、アセンブラ画面対応

ver0.03 (2019/2/23)初期登録

 

Microsoft Visual C# 2008 Express Editionを使ってビルドしました。

 

 

IORI (C)2020 内藤時浩様

 

PC-8001キャラクタ文字によるお絵かきソフトです。

内藤様のご厚意によりこちらに置かせていただいております。

 

  エミ in IORI (C)ボマーン様  IORIの実行画面

PC-8001キャラクタを選び、それを使ってマウスでぐりぐりお絵かきができます。

 

 

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10.5)

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10.4)

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10.3)

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10.2)

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10.1)

    ここからダウンロード:IORI(v1.0.0.10)

 

EMI AtrbViewer (C)2020 内藤時浩様

 

PC-8001のセミグラフィック用のチェッカーです。

内藤様のご厚意によりこちらに置かせていただいております。

 

PC-8001実機で表示させるセミグラフィック画像のアトリビュート属性がハードウェアの制限内に収まっているかを表示確認するためのツールです。

 

こちらのページにて、使い方の説明をしていますので、まずは、そちらをご覧下さい。

   EMI AtrbViewerの実行画面

1ブロック内に2色以上ある所が点滅表示されます。さらに、1行の色変え回数も自動で計算してくれます(21回以上で赤表示)

 

 

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.1.2)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.1.1)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.1.0)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.7)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.6)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.5)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.3)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.2)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.1)

    ここからダウンロード:EMI AtrbViewer(v1.0.0.0)

 

t88tool

 

カセットイメージ(t88ファイル)から、オートスタート対応のd88ファイルを作成するツールです。

現在では、下記フォーマットに対応しています。

  入力:t88, cmt, bas, bin, n80, img, d88, mml

  出力:d88, cmt, bas, bin, n80, img

実行には、p80make または Dash-80 が必要です。

 

ツールの概略

1.各種イメージファイルからBASICプログラムとマシン語プログラムを抽出します。

2.抽出したプログラムを使って、ディスクイメージファイルを作成します。

 2つのやり方に対応しています。

  (1)抽出したプログラムをp80makeを使って、

     ディスクイメージに変換します。

  (2)抽出したプログラムをDash-80のシステムファイルに

     登録して、オートスタートも設定します。

p80make、Dash-80の作者さんに感謝いたします!

 

(2016/02/19追記)ver1.04-1.09でいろいろ対応しました。

・*.IPLファイルでIPLの動作を指定可能にした

・*.KEYファイルで自動キー入力を可能にした

・BASICの行アドレスを行番号に戻す処理を追加

 

(2016/08/27追記)ver1.10で音楽再生に対応しました。

・入力として、MML(MusicMacroLanguage)を設定可能

・内蔵の15音プレイヤーと結合し、音楽自動再生可能なd88ファイルを出力します。

 

(2018/6/27追記)ver1.13でPC-8801用のファイル出力へ対応しました。P88MAKE.COM、または、ALPHA-MINI DOS 1.2.d88が必要です。

 

(2018/10/3追記)ver1.14でゲーム改造支援機能を追加しました。こちらのページで具体的な改造方法を説明しています

 

(2019/1/1追記)ver1.15でiPhone上のPSPエミュ上のPC-8801エミュ用に、ゲームをまとめるための機能を追加しました。(d88ファイル結合&分割、n80/imgファイルおまとめd88ファイル、ファイルサイズ削減)

 

(2020/2/8追記)ver1.18でPCG8100用の3音プレイヤーを復活させました。(-m P オプション)

 

くわしくは、readme.txtをご覧ください。

 

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.24)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.23)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.22)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.21)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.19)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.17)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.15)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.10)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.01)

 

Microsoft Visual C++ 2008 Express Editionを使ってビルドしました。(ver1.03〜ver1.30)

Microsoft Visual C++ 2005 Express Editionを使ってビルドしました。(ver1.01)

 

 t88tool.jpg  t88tool ver0.80の実行画面

何をやっているかは画面を見ればわかると思います。

 

 

TSXBIN用マクロファイル(cmtファイル&t88ファイル用)

 

TSXBIN(TSUCHYソフトさん)用のマクロファイルです。

d88ファイル用のマクロはあったのですが、cmtファイルとt88ファイル用のマクロが無かったので、作ってみました。

     ここからダウンロード→cmt&t88ファイル用マクロ

TSXBIN.exeと同じフォルダにコピーするだけで使えるようになります。

 

※t88ファイル用マクロのほうはあまり細かく分けていません(タグが多く、細かく解析するとかえって見づらくなるため)。

 

(2015/09/10追記)t88ファイル用マクロにバグがあったので、修正しました。

 tsxbin.jpg  TSXBINでt88ファイルを開いた所