Download

→  DOWNLOAD
→  E-mail















Yahoo!ジオシティーズ
→ Home    → Emulator    → AutoStart    → Software    → ゲーム改造    → Link
 

 

目次

 

1.t88tool

  各種イメージ(T88、CMT、N80、BAS、BIN、IMG、D88)から、

  オートスタート対応のディスクイメージ(D88)へ変換するツール

2.TSXBIN用マクロファイル(cmtファイル&t88ファイル用)

 

t88tool

 

カセットイメージ(cmtファイル、t88ファイル)やその他のイメージ(N80ファイル、BASファイル、BINファイル)から、ディスクイメージ(d88ファイル、オートスタート対応)を自動的に作成するツールを作りました。

実行には、p80make または Dash-80 が必要です。

 

ツールの概略

1.各種イメージファイルからBASICプログラムとマシン語プログラムを抽出します。

2.抽出したプログラムを使って、ディスクイメージファイルを作成します。

  2つのやり方に対応しています。

   (1)抽出したプログラムをp80makeを使って、ディスクイメージに変換します。

   (2)抽出したプログラムをDash-80のシステムファイルに登録して、オートスタートも設定します。

p80make、Dash-80の作者さんに感謝いたします!

 

ver0.81から入力ファイルとして、下記のファイル形式にも対応しました。

    ・メモリイメージ(N80ファイル)

    ・BASICイメージ(BASファイル)

    ・マシン語イメージ(BINファイル)

また、複数のファイル入力にも対応しています。

 

(2016/02/19追記)ver1.04-1.09でいろいろ対応しました。

    ・*.IPLファイルでIPLの動作を指定可能にした

    ・*.KEYファイルで自動キー入力を可能にした

    ・BASICの行アドレスを行番号に戻す処理を追加

 

(2016/08/27追記)ver1.10で音楽再生に対応しました。

    ・入力として、MML(MusicMacroLanguage)を設定可能

    ・内蔵の12音プレイヤーと結合し、音楽自動再生可能なd88ファイルを出力します。

 

(2016/12/29追記)ver1.11で音楽再生プレイヤーが15音同時再生に対応しました。

 

(2017/9/16追記)ver1.12でN80, IMG, CMTファイルの出力に対応しました。また、D88ファイルの入力にも対応しました。

 

(2018/6/27追記)ver1.13でPC-8801用のファイル出力へ対応しました。P88MAKE.COM、または、ALPHA-MINI DOS 1.2.d88が必要です。

 

(2018/10/3追記)ver1.14でゲーム改造支援機能を追加しました。こちらのページで具体的な改造方法を説明しています

 

くわしくは、readme.txtをご覧ください。

 

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.14)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.13)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.12)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.11)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.10)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.09)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.08)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.03)

    ここからダウンロード:t88tool(ver1.01)

 

    Microsoft Visual C++ 2008 Express Editionを使ってビルドしました。(ver1.03〜ver1.11)

    Microsoft Visual C++ 2005 Express Editionを使ってビルドしました。(ver1.01)

 

 t88tool.jpg  t88tool ver0.80の実行画面

何をやっているかは画面を見ればわかると思います。

 

 

TSXBIN用マクロファイル(cmtファイル&t88ファイル用)

 

TSXBIN(TSUCHYソフトさん)用のマクロファイルです。

d88ファイル用のマクロはあったのですが、cmtファイルとt88ファイル用のマクロが無かったので、作ってみました。

     ここからダウンロード→cmt&t88ファイル用マクロ

TSXBIN.exeと同じフォルダにコピーするだけで使えるようになります。

 

※t88ファイル用マクロのほうはあまり細かく分けていません(タグが多く、細かく解析するとかえって見づらくなるため)。

 

(2015/09/10追記)t88ファイル用マクロにバグがあったので、修正しました。

 tsxbin.jpg  TSXBINでt88ファイルを開いた所